読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツがゆく

ポンコツの主張たまにインドMBA備忘録(代筆)

中堅コボラーの転活まとめ

まとめも何も転職先決まってない。

けれども転活も佳境に入り、時間に少し余裕ができたので今のうちにまとめとく。

■転職を、遂に、遂に、決断する

「上流工程やりたい」「プロジェクト管理やりたい」と思い始めたのが5年前。

そのために、

・その旨を自社の人間に申し出て、自社の営業経由で現場のリーダーに伝えてもらった

・資格取得(まだ合格してないけどね)

・外部のセミナーに参加

・PMに働きかけ積極的に仕事を探す

等の行動を取ったが、

・そもそも協力会社の身分の言うことなんか通らない

・ミッションクリティカルなシステムがゆえの有識者に対する依存

有識者が多い

等の状態があり、叶わず、

・このままだとプロジェクトのこと嫌いになりそう

・いいかげん仕事にやりがいを感じることができなくなった(贅沢な悩み)

・てか環境を変えればいいんじゃね?

てことで、転活をなんとなく開始する。

■転活

エージェントを使い、マイナビ、パソナキャリア、リクルートに登録したが、

求人の量、質が良いと感じたのは圧倒的にリクルート

職務経歴書の作成

やはり、エージェント側の判例を丸コピより、レイアウトだけを参考にして中身の文章を自作で作った方が、書類選考に通りやすい。

盛り込んだ内容は、

培ったキャリア(3つ)キャリアを活かした自己PR(3つ)

内容の詳細は、

仕事でしている環境で独特なこと(特徴)

(例えば「全国規模」「クリティカルミッション」)

そしてその中で自分が取り組んだこと

これらをどうにかして次のキャリアに活かせるように工夫して書く

(例えば「品質の良いモノづくりの技術を活かし、信頼性の高いシステムの提供ができます等」)

・面接練習

これが一番難点。もともと口下手だし、感情表現が苦手だから。

しかし、面接をいくつか経験し、面接官の質問で必ず聞かれる質問があることに気付く

・前職の内容

(これ絶対。前職で培った技術とそれに対して自主的に取り組んだことがあると尚可)

・転職理由

・志望理由

・活かせるキャリア

・応募した企業に対する質問

(これ結構重要。最低3つは用意しとく)

これらの回答を準備しとく。

通勤中、家事中、お風呂中など、何かをやりながらでも、回答が言えるように練習する

■転活総評

今回の転活で気付いたこと

・面接で会社の色が見えた

(仕事に誇りを持っている(仕事の説明をしてくれる、私の質問に対して明確に答えられる))

(社員を大事にしていない(面接においての事前準備無し))

(この人たちと働きたいか働きたくないかといったような覇気??雰囲気??)

・IT業界が売り手だということ

(毎日リクルートから来る求人メールや、スカウト)

・開発しかしていない中堅コボラーでも十分活かせるキャリア、需要がある

・「性別」「年齢」が転職のネックになると思っていたが、全く問題にならなかった

以上、転活は体力がいる(さわむー談)

転活は、キャリアの精算、色んな会社があるという気付きになる

まだ決まってないので、悩みの森に入っちゃったら、

後藤先輩からもらった、みつを師匠の、

「とりあえず具体的に動いてごらん」を思い出すこと。